妊活メモ

30代、2018年1月から不妊治療始めました。タイミング治療中。オーソモレキュラーに興味津々。

妊娠と栄養状態と腸内環境

わたしは万年膨満感と食欲不振に悩んでいます。

腸の状態は精神状態にも妊娠にも関係しているので、わたしの腸をスッキリさせることは妊娠だけでなく精神状態改善、高いQOLにつながります。

なので、分子整合医学の面から栄養状態改善しつつ、遅延型アレルギーの検査などもしていきたいです。

リーガーキット症候群ではなかろうかと危ぶんでいます。

これらについてはまたまとめたいと思います。

 

腸の状態がよくないといくら栄養を補っても吸収できません。

腸の状態をよくし適切な栄養素を補うことで、ストレスに強くなりまた体の調子が改善され、子宮や卵巣の状態や性ホルモン分泌もよくなるはずです。

 

本格的な不妊治療を受ける前に体の調子を整えておくと、治療がスムーズにいくんじゃないかと思います。

逆に言えば、体の調子が万全じゃないのに排卵誘発をしたり黄体ホルモンを補充しても、受精着床する力がなく妊娠には至らないのではないかと思うのです。

 

現在の、栄養失調・腸内環境不良の状態ではたとえ体外受精をしてもうまくいくとは思えません。

薬や技術に助けてもらっても体の受精力・着床力がなくてはとうていうまくいきません。

 

早く治療をしていきたいです。

不妊治療が栄養面や腸の状態や甲状腺ホルモンなどを含めたものになることを願います。

総合的に改善していくことで妊娠の確率は上がっていくはずです。