妊活メモ

30代、2018年1月から不妊治療始めました。タイミング治療中。オーソモレキュラーに興味津々。

低温期9日目 36.83℃

昨日、甲状腺ホルモンの分泌が過剰気味だと判明しました。

低温期に体温が高いのはそのせいだろうと思います。 

黄体ホルモンプロゲステロンが長めに出ているのかな、と思っていました。

しかし黄体の寿命は正確に14±2日と決まっていて黄体が寿命を終えるから、プロゲステロンが分泌されなくなり生理がくるんですね。

だから、生理が来た=プロゲステロン

つまり、わたしの高体温は性ホルモンによるものではないということです。

プロゲステロンではなく、甲状腺ホルモンのせいだったわけです。

 

さて、無排卵について調べてみました。

排卵のタイプは2種類あるんですね。

①女性ホルモンエストロゲン分泌不足で卵胞の成長自体がない

②卵胞が破裂しないまま卵胞ホルモンが分泌されだした

 

低温期にも高温期にも高体温の日があるので前周期は①だったのかなぁと思います。

排卵自体してなかった。

体温はずっと高かった?!

まだ推察は続く。

 

【参考】

基礎体温と黄体ホルモン〜基礎体温を知る!〜

黄体管理と妊娠判定

黄体化未破裂卵胞について|大阪 心斎橋 春木レディースクリニック

月経について学び、無排卵周期症を知る:エストロゲンとの関係

エストロゲンの種類と特徴を知り、生理周期、排卵との関係を学ぶ